長~い封印を解かれた節句飾り

すご~く久しぶりなブログ

次女が家を出てから

日々が過ぎるのが

かなりスローになった感じがします。




自分自身体重が一気に3㌔減ったり(また元に戻ってきてるけど)

料理の品数を多く作れるように成ったり

なかなか引けなかった庭の雑草を引いたり

掃除機掛けも毎日2回かけられるようになったり

化粧習慣のない私が時々化粧してみたり

まだ、安定剤の減薬には及びませんけど

なんか

落ち着いて物事が考えられる感じがします。




明日は端午の節句

子どもの日

ゴールデンウイークとは無縁な我が家です。




今年は息子の初節句にいただいた兜飾りを飾ってみました。

「兜飾りには菖蒲の花がよく似合う」



玄関に飾ってみて納得。

KIMG0524.jpg
拡大すると反射で私がガラスに映り込んでました(;'∀')



この兜飾りは

息子が生まれて2か月後の初節句で飾った切り

お蔵入りしてしまっていました。

初節句を祝うと言っても

仕出し屋から料理を取り寄せる風習はない土地で

親戚に手伝いをお願いして

家で料理をして

お客さんに息子のお披露目と料理を振る舞うという

昔ながらのやり方をせねばならない土地で

妊娠してから男の子だと直感していたので

妊娠中もブルーでした。

だから祝いの日は産後2か月でもあり

ホントに大変だった。

嬉しいとか楽しいとか

とてもじゃないけど思えなかった。

以後引っ越しも4回したし

男の子の代名詞的な兜飾りも

無意識のうちに封印してしまっていたようです。

封印する事丸25年

なんと長い事粗野にしていたのでしょう。

これじゃあ息子もハツラツ元気に過ごせなかったのも当たり前だなと

こじつけかもしれないけど

そう思ってしまって

兜飾りにも息子にも申し訳なさでいっぱいです。



今までの分

日の光を目いっぱい浴びてもらいたくて

玄関に飾りました。

息子にそう話すと

ムフッとほくそ笑み

なにやら満足気でした。

ぽつりと一言

「俺の26年前かぁ~」って。




菖蒲の花は

実家の父が一昨年庭に植えているものです。

毎日花の生け換えに

実家に朝から採りにいきます。

花を生けるときも

なんとも幸せ気分満開です。



年数にするとものすごい長~い長~い呪縛の時

それから解放されたような気がします。




本当に毎日が必死だったので

長かったな~とかあまり感じません。

ただただ

こうやって

穏やかな気分で過ごせる

この上もなくアリガタイ。



(ホントはもっと長々と文を綴っていたのですが

ネット回線が途切れて書き直しました)(ノ∀`)アチャー







スポンサーサイト

4 Comments

よしお  

こんにちは

節句飾りですか。
それぞれありますもんねぇ~。
引っ張り出すのも大変だろうからねぇ。
用意するのもお疲れ様って感じだなぁ。

2017/05/05 (Fri) 12:51 | EDIT | REPLY |   

ヒマワリ咲いた  

Re: こんにちは

用意はなにもなく、ただ箱から出すだけなんですが
1回飾って後は実家に眠っていたので、長年のチリ埃拭き
でした。
ただ、親である自分がその存在すら全く忘れていたというものでして
罰当たりなことをしたもんだなあと思う次第です。(;^_^A

2017/05/05 (Fri) 21:43 | EDIT | REPLY |   

よしお  

おはよう

そっか。
確かに置いとくだけなのに塵やホコリにまみれたりしますよねぇ~。
自分の部屋の衣装ケースも、いつの間にかホコリとか塵が積もってたりして困っちゃいますよ。

2017/05/11 (Thu) 11:28 | EDIT | REPLY |   

ヒマワリ咲いた  

Re: おはよう

今月も半ばにさしかかりました。
ひな人形と違って男の子の節句飾りは
遅くまで飾っていても良いの出そう。
月末には防虫剤も入れて丁寧にしまおうと思います。

2017/05/12 (Fri) 16:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment